本文へ移動

シリーズ2◆上萩森遺跡の石器

上萩森遺跡石器
 胆沢扇状地の扇頂部に位置する上萩森(かみはぎもり)遺跡は、胆沢若柳字上萩森地内に所在し、昭和47(1972)年に水沢市文化財調査員であった伊藤陽夫によって発見されました。その後 、昭和50~52(1975~77)年に行われた発掘調査では、多くの石器が出土し、後期旧石器時代(3万5千年前~1万2千年前)の遺跡であることがわかりました。石器はナイフ形石器・彫刻刀形石器・ハンマーストーンなどで、ナイフ形石器は、後期旧石器時代の代表的な遺物であります。この後に奥州市内では、発掘調査が増加し始め、多くの旧石器時代の遺跡が検出されるようになります。
■常設展示室観覧のご案内■
開館時間 9:00~16:30
     (最終入館16:00)
入館料 一般 300円
    小・中・高校生 無料
    (団体15人以上は半額料金)
休館日 毎週火曜日・年末年始
2022年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 休館
  • 5/15縄文人なりきり体験
  • 鎮守府探訪講座2022
0
7
3
1
4
5
TOPへ戻る