本文へ移動
センタースタッフから、事業や講座の新着情報、次回事業のご案内などをお知らせします。

胆沢城跡に案内板が設置されました。with 雪

2017-12-17
カテゴリ:胆沢城跡
 着々と進んでいる胆沢城跡整備工事。フレームだけだったところに案内板が設置されました。今年の工事はそろそろ終わりでしょうか。

体験学習会「平安のお守り卯槌をつくろう」を開催しました。

2017-12-06
カテゴリ:事業
 12月2日(土)、今年最後の体験学習会「平安のお守り卯槌をつくろう」を開催しました。
 午前・午後あわせて16人の参加がありました。
 『卯槌』とは、平安時代、お正月初卯の日に西南の柱にかけたり、大切な人に贈り合った、邪気払いのお守りです。桃の木に「淡路結び」という結びを施した五色の糸を通して作ります。
 今年は卯槌にさらに総角結び(あげまきむすび)を施してみました。
 参加者からは、平安時代の雅な雰囲気を感じられた、記念に楽しく作れて良かったなど、大好評でした。
 参加いただきました皆さん、ありがとうございました。良いお年をお迎えください。
 
◎次回の事業は、1月6日(土) 冬休み工作教室「縄文アクセサリーをつくろう」です。
 
 
総角結びをいっぱい施した卯槌。結び方ばっちりですね。

鎮守府探訪講座2017 第5回(最終回)を開催しました。

2017-11-16
カテゴリ:事業
 鎮守府探訪講座の5回目を11月12日(日)に開催しました。最終回となる今回は、当センター所長 佐久間 賢による『内国に移されたエミシの足跡』です。
 土器や蕨手刀の発掘調査成果から明らかになった移配エミシの足跡、当時の関東の豪族と朝廷の関係、また、朝廷側のねらいなどを話されました。
 
 今年度の鎮守府探訪講座は全て終了しました。
 ありがとうございました。

胆沢城跡第109次発掘調査

2017-11-16
カテゴリ:調査
 15日より、胆沢城跡城内の水田用水路整備にともなう発掘調査が急きょ開始されました。
 細長い調査範囲ですが、さっそく土器片やきれいな柱穴跡が発見されています。
 今回の調査は1~2週間を予定しています。
細長い調査区域。冷たい風の中の作業、大変おつかれまさです。
水路の幅にきれいにはまった柱穴跡が3つ。四角いですね。
瓦や土器のかけらが出てきています。これは洗う前なので泥んこ状態。

胆沢城跡、ただいま工事中。紅葉もきれいです。

2017-11-02
カテゴリ:胆沢城跡
胆沢城の看板が建ちました。案内板はまだ枠だけですね。
築地の上に屋根がかけられています。
センター周囲の木々は紅葉がきれいです(^^)
■常設展示室観覧のご案内■
開館時間 9:00~16:30
     (最終入館16:00)
入館料 一般 200円
    小・中・高校生無料
    (団体15名以上は半額料金)
休館日 毎週火曜日・年末年始
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休館日
  • 平安のお守り卯槌をつくろう
0
1
5
8
6
3
TOPへ戻る