本文へ移動
センタースタッフから、事業や講座の新着情報、次回事業のご案内などをお知らせします。

是川縄文館へGO!

2017-09-07
カテゴリ:その他
 職員有志が集まって、発掘された日本列島展を見に、青森県の是川縄文館と、おいらせ阿光坊古墳館に行ってきました。
 是川といえば国宝「合掌土偶」!そのほかにも日本列島展に合わせた企画で土偶展を開催していたので、土偶がいっぱいありました。
 おいらせ阿光坊古墳館は今年3月オープンという新しい施設です。時間が足りなくて(奥州市から青森までは車で片道2時間くらいかかります…)全部見きれなかったのが心残りでしたが、大満足の1日でした。(T)
これはレプリカ。もちろん本物もしっかり見学してきました。
土偶がずら~り。
縄文館の常設展示。「けつ状耳飾り」のつけ方がはじめてわかりました(笑)
古墳の内部の模型がありました。こんなふうになってたんですね。
外では古墳の整備工事中。

第2回 鎮守府探訪講座を開催しました。

2017-08-21
カテゴリ:事業
8月20日(日)、鎮守府探訪講座の第2回を開催しました。
 
 今回の講師は、伊藤博幸氏(岩手大学平泉文化研究センター客員教授)です。「胆沢城の地域形成」と題して講義いただきました。
 氏は「遺跡側から胆沢城を見てはどうか? 視点を変えてお話をしたい」と前置きし、9~10世紀ころのに胆沢城周辺の集落について発掘調査の資料を示しながら話されました。
 そこには地名や人名、土器・木製品、家屋や寺院の立てられ方など、さまざまな部分に地域の特性をみることができ、こうした背景には胆沢城の存在がおおくの役割を果たしていたのではないだろうかとのことでした。
 
第3回は、9月17日(日)です。

子供元気プロジェクト「夏休みスポーツ寺子屋」で流しそうめん!

2017-08-16
カテゴリ:事業
8月11日(祝)山の日、奥州市総合体育館(Zアリーナ)にて子供元気プロジェクト「夏休みスポーツ寺子屋」が開催されました。
内容はウォークラリー、チャンガマーノ(アフリカンバンド)のワークショップコンサート、〆に流しそうめんのお昼ごはんと盛りだくさんです。
 
ウォークラリーは問題の他に隠された設定タイムを予想しながら歩くという本格仕様。上位3位に入ると表彰状と賞品がもらえます。埋文からは、ウォークラリーの問題で参加させていただきました。
 
奥州市総合体育館(Zホール)からの企画は、ミニコンサートとワークショップです。プラッツァと呼ばれる中庭のような場所にあるステージが会場です。
「チャンガマーノ」とはアフリカの言葉で「みんな一緒に」という意味だそうです。その意味のとおり、みんなでアフリカの楽器をたたいたり、ダンスを踊ったりと楽しそうでした。
 
〆はお昼ご飯に「流しそうめん」です。半分に割った竹の水路にそうめんを流します。
筆者はそうめんを流す役をさせてもらいましが、タイミングがなかなか大変! 用意したそうめんもあっという間になくなってしまいました。
夏休みのひととき、貴重な体験でした。
クライミングウォールに問題が設定されていたりと、スポーツ施設ならではの問題がいっぱい!
埋文といえばやっぱり土器。これはチェックポイントに設置されていた問題の看板です。
チャンガマーノさんは、あやめ祭りの舞台にも参加いただいたバンドです。
アフリカの太鼓に挑戦です。たたく位置によって音が高くなったり低くなったりするんですね。
太鼓とダンス、みんなで一緒に!!
これは準備中の流しそうめんの台です。(そうめんを流すのに必死で食べている所は撮れませんでした(笑))

ミニミニ企画展示

2017-08-11
カテゴリ:調査
先日まで当センターで博物館実習を行っていた学生が手掛けていったミニミニ企画展示をセンターロビーで行っています。
今回のテーマは「アテルイ時代のムラ」とのこと。アテルイが活躍した8世紀後半のエミシの生活を紹介しています。
1Fロビーは無料でご覧いただけますので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

体験学習会「古代の宝石トンボ玉をつくろう」を実施しました。

2017-08-11
カテゴリ:事業
体験学習会「古代の宝石トンボ玉づくり ~自分だけのトンボ玉でストラップづくり~」を7月27日(木)・29日(土)、8月3日(木)・5日(土)の全4回の日程で開催しました。
 
夏休み期間中ということもあって、参加者の多くは小学生の子供たち。自由研究にするという子も何人かいました。
 
今回は、溶かしたガラス棒を鉄芯に巻き取る方法でつくりました。
最初の1個はシンプルな丸玉を、次にガラスのかけらを溶かしこんで模様を付けたものに挑戦。溶け落ちそうになるガラスに四苦八苦しながらも、予定していた4個を全員つくることに成功しました。
 
トンボ玉が冷めるまでの時間を利用して、トンボ玉の歴史の話を聞いた後は、いよいよ鉄芯からトンボ玉をはずします。
まずは前半2個。(残り2個は時間ぎりぎりまで待ってからはずします。)残念ながら割れてしまったものもありましたが、おおむね割れずにとれました!
それぞれ穴の中をきれいにした後、好きなほうをストラップにしました。
 
 
 
次回事業は、
8月20日(日) 鎮守府探訪講座 第2回
9月23日(土) 琥珀の勾玉をつくろう
を予定しています。
 
右手と左手、両方しっかり見ていてね。
大人だってがんばります。
ガラスの状態を見計らって、いよいよ鉄芯に巻き取ります。
丸くなるまで炎の中でゆっくり回します。水平キープだよ。
ストラップにすると雰囲気が変わりますね。
■常設展示室観覧のご案内■
開館時間 9:00~16:30
     (最終入館16:00)
入館料 一般 200円
    小・中・高校生無料
    (団体15名以上は半額料金)
休館日 毎週火曜日・年末年始
2018年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 毎週火曜 休館日
  • 9日 鎮守府探訪講座2018
0
1
3
8
0
6
TOPへ戻る