本文へ移動

女神(ミューズ)たちが贈る素敵なコンサート

 
<女神(ミューズ)たちが贈る素敵なコンサート
                 曲目変更のお知らせ>
  ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」が
  ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番嬰ハ長調Op.27-2「月光」へ変更になります。
 
< 公共ホールネットワーク事業 >
 
女神(ミューズ)たちが贈る素敵なコンサート
 
令和2年 2月19日(水)
 
開場:18時30分
開演:19時00分
 
奥州市文化会館 中ホール
 
全席指定 3,800円 ※未就学児の入場はご遠慮願います。
 
出演:仲道郁代(ピアノ)
   森麻季(ソプラノ)
   清水直子(ヴィオラ)
 
主催:一般財団法人奥州市文化振興財団
   
【 プログラム 】
 シューマン: おとぎの絵本 作品113 (清水&仲道)
 シューマン: 子供の情景 作品15より「トロイメライ」 (仲道)
 ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」 (仲道) 
 グノー: 歌劇「ファウスト」より “宝石の歌”  (森&仲道)
 越谷達之助/石川啄木: 初恋 (森&仲道)
 山田耕筰/北原白秋: からたちの花 (森&仲道)
  ほか
 
問合せ:奥州市文化会館 0197-22-6622
 
チケット発売中
 
プレイガイド:
 【奥州市】奥州市文化会館(Zホール)
      SSMサンエー
      前沢ふれあいセンター
      胆沢文化創造センター
 【盛岡市】川徳
 【北上市】さくらホール
 ローソンチケット
 チケットぴあ
 イープラス

仲道郁代 Ikuyo Nakamichi (Piano)

 
 4歳からピアノを始める。桐朋学園大学1年生在学中に第51回日本音楽コンクール第1位、増沢賞を受賞。文化庁在外研修員としてミュンヘン国立音楽大学に留学。ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位、メンデルスゾーン・コンクール第1位メンデルスゾーン賞、エリザベート王妃国際音楽コンクール第5位と受賞を重ね、以後ヨーロッパと日本で本格的な演奏活動を開始。88年に村松賞、93年にモービル音楽奨励賞を受賞。古典派からロマン派まで幅広いレパートリーを持ち、これまでに日本の主要オーケストラはもとより、海外のオーケストラとの共演も数多く、人気、実力ともに日本を代表するピアニストとして活動している。
 これまでにサラステ指揮フィンランド放送交響楽団、マゼール指揮ピッツバーグ交響楽団、バイエルン放送交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ズッカーマン指揮イギリス室内管弦楽団(ECO)、フリューベック・デ・ブルゴス指揮ベルリン放送交響楽団、P.ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団などのソリストとして迎えられ高い評価を得ている。また、99年にはカーネギーホールでリサイタル・デビュー。2001年にはサンクトベテルブルグ、ベルリン・フィルハーモニーホールでコンチェルト・デビュー。05年には、英国チャールス皇太子夫妻ご臨席のもとウィンザー城で行われたイギリス室内管弦楽団(ECO)主催の「結婚祝祭コンサート」に出演し絶賛された。室内楽ではストルツマン、ハーゲン弦楽四重奏団、ブランディス弦楽四重奏団、ベルリン・フィル八重奏団等と日本ツアーを行い、いずれも好評を博す。2019年秋にはゲヴァントハウス弦楽四重奏団との日本ツアーが予定されている。
 CDはソニー・ミュージックジャパンと専属契約を結び、レコード・アカデミー賞受賞CDを含む「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」や、「モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集」。「シューマン:ファンタジー」、古楽器での録音など多数リリースshている。著作には『ピアノの名器と名曲』『ショパン 鍵盤のミステリー』『ベートーヴェン 鍵盤の宇宙』(ナツメ社)、『ピアニストはおもしろい』(春秋社)等がある。
 2018年よりベートーヴェン没後200周年の2027年に向けて「仲道郁代Road to 2027プロジェクト」をスタートし、リサイタルシリーズを展開中。
 一般社団法人音楽がヒラク未来代表理事、一般財団法人地域創造理事、桐朋学園大学教授、大阪音楽大学特任教授。

森麻季 Maki Mori (Soprano)

 
東京藝術大学、同大学院独唱専攻、文化庁オペラ研修所修了。ミラノとミュンヘンに留学し、プラシド・ドミンゴ世界オペラコンクール「オペラリア」等多数の国内外のコンクールに上位入賞を果たす。ワシントン・ナショナル・オペラ 《後宮からの逃走》でアメリカ・デビュー以来、ワシントン・ナショナル・オペラとロサンジェルス・オペラにおいて、《リゴレット》《パルシファル》《ホフマン物語》《こうもり》《ウェルテル》でドミンゴ、フォン・シュターデ、アラーニャ、ケント・ナガノ、ジューン・アンダーソン、ブレンデル、オブラスツォワ等と共演。ルイージ指揮ドレスデン国立歌劇場《ばらの騎士》、エディンバラ音楽祭 《リナルド》、ノセダ指揮トリノ王立歌劇場《ラ・ボエーム》で、フリットリやアルヴァレスと共演し、国際的な評価を得る。2015 年兵庫県立芸術文化センター開館10周年記念オペラ《椿姫》のヴィオレッタは、連日スタンディング・オベーションとなり、2017年11月モンテヴェルディ生誕 450年を記念した鈴木優人指揮 BCJ 歌劇《ポッペアの戴冠》のタイトルロールで好評を博す。コンサートではアシュケナージ、テミルカーノフ、インバル、小澤征爾、チョン・ ミョンフン、パーヴォ・ヤルヴィ、ハーディング等の著名指揮者やNHK交響楽団、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルのメンバー、フランクフルト放響、サンクトペテルブルグ・フィル等の内外の主要オーケストラ、ドレスデン聖十字架教会合唱団などと共演し成功を収める。 古典から現代まで幅広いレパートリーを誇り、コロラトゥーラの類稀なる技術、透明感のある美声と深い音楽性は各方面から絶賛され、NHK スペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマやNHK『明日へ』東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を歌い、文部科学省主催「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」公式プログラム「The Land of the Rising Sun」(宮本亜門演出)に出演するなど、日本を代表するオペラ歌手として常に注目を集めている。CD「日本の歌~花は咲く」「春の声」ほかをリリース(エイベックス・クラシックス)。ワシントン・アワード、五島記念文化賞、出光音楽賞、ホテルオークラ賞を受賞。

清水直子 Naoko Shimizu (Viola)

桐朋学園大学でヴァイオリンを広瀬悦子、江藤俊哉の各氏に、ヴィオラを岡田伸夫氏に師事。1993年ヴィオラに転科し研究科修了。94 年よりドイツ・デトモルト音楽大学で今井信子氏に師事。
その他、95 年マルクノイキルヘン国際コンクール優勝。96 年ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位(1 位なし 2 位)、併せてオーチャードホールアワード受賞。97 年ミュンヘン国際音楽コンクール・ヴィオラ部門にて第1位を受賞。98 年、ヤング・コンサート・アーティスツの国際オーディションに第 1 位で合格、同時に数々の賞を受ける。
96 年オーチャードホール「未来の巨匠コンサート」で東京フィルと共演したほか、読売日響、新日本フィル、日本フィル、東京シティ・フィル、東京交響楽団.、スイス・ロマンド管弦楽団、バイエ
ルン放送交響楽団、南ドイツ放送交響楽団、フランクフルト市立歌劇場管弦楽団など国内外のオー
ケストラと共演を重ねている。99 年にはニューヨーク、ワシントン DC にてデビューリサイタル、 2000 年にはニューヨークにてコンチェルトデビューを果したほか、ヨーロッパ各地でコンサートを行っている。
2001 年 2 月より、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に首席ヴィオラ奏者として入団。
神奈川フィル/広上淳一と『イタリアのハロルド』、ヴュルテンベルク・フィルとバルトーク、ハレ管とウ ォルトンで共演、ミハイル・プレトニョフ作曲のヴィオラ協奏曲、日本初演でプレトニョフ指揮、東京フィルとの共演。ベルリン・フィル、ヴァイオリン奏者の町田琴和と日本フィル、またクスマール氏とト ッパン・ホールでモーツァルト:協奏交響曲、2007 年1 月にリサイタル・ツアーのほか仙台フィルとの『イタリアのハロルド』、7 月には紀尾井シンフォニエッタ『白鳥を焼く男』で共演、2008 年トヨタ・マスタ ープレイヤーズでウィーンフィル・コンサートマスターのフォルクハルト・シュトイデ氏とモーツァル
ト『協奏交響曲』を、2013 年 3 月にはペーター・シュミードル氏とブルッフ『クラリネットとヴィオラのための協奏曲』で共演。ソリストとしての活躍に加え、リサイタルや室内楽でも積極的に活動してお
り、2003 年ベルリン・フィル八重奏団と日本公演や2012 年の東京クヮルテットと国内外での共演の他、数々のリサイタルを国内外で行っており、2011 年にはピアニスト、オズガー・アイディンとのリサイタ
ルをライブ録音した『ヴィオラ・アマービレ』をマイスター・ミュージックからリリース、好評を博している。
TOPへ戻る