本文へ移動

胆沢城の地鎮具―センター常設展示から―

2023-06-10
 土木・建築工事を行う前に、工事の安全を祈るとともに、その土地の神様が怒らないよう鎮める儀式を、地鎮といいます。今回は、胆沢城跡から見つかった地鎮に関する資料(地鎮具)を取り上げます。
出土状況
 まず紹介するのは、センターで「地鎮の長頸瓶(ちょうけいへい)」と呼んでいる資料です。昭和30年の第2次調査でその一部が発見され、昭和55年の第38次調査で、遺構・遺物の全体像が判明しました。長頸瓶とは、くび(頸)の長いつぼのことです。
 「地鎮の長頸瓶」は、5つの長頸瓶が1辺4.2mの四角形の四隅と中央に、規則正しく並べて埋められていました。しかも、長頸瓶は逆さにした坏で蓋をされていたようです。こうした特殊な出土状況からは、やはり地鎮などの祭祀で使用されたと考えられます。ちなみに、発見当時には長頸瓶の中に何も入っていませんでしたが、蓋がされていたことを考慮すれば、埋めた当時は何か捧げものを入れていた可能性もあります。
 次に紹介するのは、地鎮の鈴と形代です。この2つの資料は、平成9年の第73次調査で、建物跡の柱穴から出土しました。鈴も形代も、祭祀で用いられる道具です。
 古代において、鈴は単なる楽器ではなく、神霊を招くとともに、邪悪なものをはらう呪力があると信じられていました。一方の形代とは、何かの形を模して、その代わりとして作った呪術道具のことです。この形代は刀を模しているようで、武器本来の威力で邪気をはらおうとしたものと思われます。
 胆沢城跡出土の地鎮具として、この他には、昭和58年の第43次調査と翌59年の第45次調査で出土した、碁石も挙げることができそうです。
 ところで、現代でも地鎮の儀式は行われており、神職による神道式の地鎮祭をよく目にします。ですが、古代では、僧侶や陰陽師による地鎮もあり、その方法も実に様々でした。胆沢城で、どんな人が、どんな儀式次第や呪法で地鎮を行ったかは、よくわかっていません。
今回紹介した資料は、センター常設展でいつでも展示していますので、ぜひご来館いただいて、実物を見ながら、あれこれ考えてみるのも面白いかもしれません。

(専門学芸員:大堀秀人)
※禁無断転載
■常設展示室観覧のご案内■
開館時間 9:00~16:30
     (最終入館16:00)
入館料 一般 300円
    小・中・高校生 無料
    (団体15人以上は半額料金)
休館日 毎週火曜日・年末年始
2024年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2024年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休館
  • 講座・体験学習会
1
2
0
4
4
7
TOPへ戻る