本文へ移動

奥州街道の一里塚

2024-04-10
真城一里塚跡(北西から撮影)
 江戸時代、仙台藩領を南北に縦貫する主要街道は、奥州街道(正式には奥州道中)でありました。藩領内の沿線には、要害や所などの地域拠点が配置され、城下町も整備されるなど、街道整備に伴って交通の要衝が続々と形成されました。
 本来の奥州街道は、併用する日光街道の一部(東京都中央区日本橋から栃木県宇都宮市)と白河以南(宇都宮~福島県白河市)を指しますが、一般的には白河以北から三厩(青森県外ヶ浜町)も含めて呼ばれるようになります。奥州街道を含む五街道は、江戸時代初期に徳川家康によって整備されます。家康は、江戸幕府の支配強化のため、全国に通じる街道の整備を行い、伝馬制度を活用した交通網を確立させていきました。
 江戸時代の街道の痕跡を残す遺構として一里塚があります。一里塚は、名前の通りに一里(約4km)毎に塚が設置されました。その規模や特徴は、敷幅五間(約9m)四方、高さ1丈(約1.7m)の土盛の塚で、街道の両側に相対して築かせて、頂上に榎・松・杉などを植えさせたといわれています。無論、大名行列や旅人の距離標でもありました。現在、街道沿線の一里塚そのものは、大分失われていますが、仙台藩領北辺である奥州市・金ケ崎町内には一里塚が残っています。
 水沢要害への出入口にある真城一里塚(しんじょういちりづか)は、奥州市水沢真城字中上野地内に所在し、仙台城下(宮城県仙台市青葉区北目町)から数えて30番目の一里塚です。昭和44年の国道4号バイパス工事で東塚が失われましたが、現在は西塚とそこに植えられていた杉の根元が残されています。
 胆沢郡北端の清水端一里塚(しみずばたいちりづか)は、金ケ崎町三ケ尻川口田地内に所在し、仙台城下から数えて33番目の一里塚です。現在は、東塚だけが残されており、塚の上には樹齢約400年の杉が植えられ、その根元だけが今に残ります。その規模は、東西約9m、南北約7m、高さ1.6mあります。塚と杉が残っている事例は極めて少ない貴重な史跡です(金ケ崎教育委員会作成の現地説明版を参考)。
 他には発掘調査された事例として、奥州市前沢白鳥字徳沢地内の徳沢一里塚跡(とくさわいちりづか)があります。また、南部藩領ですが、北上市二子町馬場野の奥州街道跡では、街道の道路遺構・側溝・土手などが検出されています。

(文:専門学芸員 遠藤栄一)
※禁無断転載
奥州道中一里塚跡(南西から撮影)
■常設展示室観覧のご案内■
開館時間 9:00~16:30
     (最終入館16:00)
観覧料 個人 300円
    小・中・高校生 無料
    (団体15人以上は半額料金)
休館日 毎週火曜日・年末年始
2024年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2024年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休館
  • 講座・体験学習会
1
2
5
7
7
0
TOPへ戻る