本文へ移動
国指定史跡胆沢城跡指定100周年記念
特別展「鎮守府胆沢城と辺境」
 大正11年10月12日、内務省告示第270号により、胆沢城跡は、平城宮跡や多賀城跡、平泉毛越寺跡などとともに国指定史跡に指定されました。
 節目の年に当たる令和4年秋。これまでの発掘調査で明らかにされた胆沢城跡と蝦夷の姿。そして、史跡と共に生きてきた人々   
 数多くの発掘調査の成果を100年の集大成としてご紹介します。
 
●令和4年923日(金・祝)~124日(日)
●奥州市埋蔵文化財調査センター 研修室
●入場料:一般500円|高校生以下無料
 
★展示解説会★
10月 9日(日)・23日(日)、
11月 6日(日)・20日(日) 
各午後2時から 
事前申し込み不要。直接ご来場ください。
◎常設展示をご覧になられる場合は別途入館料がかかります。
◎新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本展及び関連のイベントを変更または中止することがありますので、ご理解のほどお願いいたします。

関連行事

【記念講演会】
『発掘された文字が語る鎮守府胆沢城』
講師  平川 南 氏 (国立歴史民俗博物館名誉教授)

●日 時/1015日(土)
     午後1時30分~4時(開場:午後1時)
●会 場/奥州市文化会館(中ホール)
     〒023-0003 岩手県奥州市水沢佐倉河字石橋41番地
●入場料/無料
●定 員/300人 ※事前の申し込みが必要

【参加申込み】
・受付開始:9月1日(木) 午前9時より
申込先:奥州市埋蔵文化財調査センター
申し込み方法:電話・Eメールで事前にお申込みください。センターへ来館して直接お申込みいただくことも可能です。(先着順受付)

<メールでお申込みの場合>
参加される方全員分の、(1)お名前 (2)ご住所 (3)お電話番号をもれなくご記入ください。
メールアドレス:maibun(★)oshu-bunka.or.jp ←(★)の欄には@を入力してください。

※下記の問合せメールフォームからのお申込みも可能です。
※Eメールでお申込みの方は、受付確認メールを返信しております。返信がない方は受信設定などをご確認ください。

■来館者制限に関する要請が出た場合は、すでに参加申し込みいただいていたお客様に対しても、やむを得ず、お断りの連絡をさせていただく可能性があります。

主催:一般財団法人奥州市文化振興財団
共催:奥州市・奥州市教育委員会・佐倉河地区振興会
後援:岩手日報社・朝日新聞盛岡総局・毎日新聞盛岡支局・産経新聞盛岡支局・読売新聞盛岡支局・河北新報社・胆江日日新聞社・岩手日日新聞社・NHK盛岡放送局・IBC岩手放送・テレビ岩手・めんこいテレビ・岩手朝日テレビ・水沢テレビ・エフエム岩手・奥州エフエム放送

書籍

解説図録
A4版・60頁
1,700円
■常設展示室観覧のご案内■
開館時間 9:00~16:30
     (最終入館16:00)
入館料 一般 300円
    小・中・高校生 無料
    (団体15人以上は半額料金)
休館日 毎週火曜日・年末年始
2022年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 休館
  • 特別展「鎮守府胆沢城と辺境」
  • 特別展関連事業「記念講演会」
0
8
2
5
3
5
TOPへ戻る