本文へ移動

第6回

2023-11-25
 古墳時代から奈良時代の中頃まで、人々の営みは胆沢川沿いと現在の国道397号線沿いで続いていました。奈良時代以降は胆沢川沿いの集落がほとんどなくなり、北上川東西岸に見られるようになります。律令国家の圧力が増す時期であり、この地の社会にも変化があったのかもしれません。胆沢城造営後も集落は存続しますが、他地域の人々の集落内への流入や、他の集落に移動させられた在地の人々もおり、集落内の社会は激変しました。このようにして、律令国家からの支配と文化がこの地域に及び、徐々に律令国家へ組み込まれていったのでした。

(終)
北上川西岸の遺跡(熊之堂遺跡)
北上川東岸の遺跡(落合遺跡)
■常設展示室観覧のご案内■
開館時間 9:00~16:30
     (最終入館16:00)
観覧料 個人 300円
    小・中・高校生 無料
    (団体15人以上は半額料金)
休館日 毎週火曜日・年末年始
2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2024年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休館
  • 講座・体験学習会
1
2
4
4
4
2
TOPへ戻る