センタースタッフから、事業や講座の新着情報、次回事業のご案内などをお知らせします。

鎮守府探訪講座2017 第5回(最終回)を開催しました。

2017-11-16
カテゴリ:事業
 鎮守府探訪講座の5回目を11月12日(日)に開催しました。最終回となる今回は、当センター所長 佐久間 賢による『内国に移されたエミシの足跡』です。
 土器や蕨手刀の発掘調査成果から明らかになった移配エミシの足跡、当時の関東の豪族と朝廷の関係、また、朝廷側のねらいなどを話されました。
 
 今年度の鎮守府探訪講座は全て終了しました。
 ありがとうございました。

胆沢城跡第109次発掘調査

2017-11-16
カテゴリ:調査
 15日より、胆沢城跡城内の水田用水路整備にともなう発掘調査が急きょ開始されました。
 細長い調査範囲ですが、さっそく土器片やきれいな柱穴跡が発見されています。
 今回の調査は1~2週間を予定しています。
細長い調査区域。冷たい風の中の作業、大変おつかれまさです。
水路の幅にきれいにはまった柱穴跡が3つ。四角いですね。
瓦や土器のかけらが出てきています。これは洗う前なので泥んこ状態。

胆沢城跡、ただいま工事中。紅葉もきれいです。

2017-11-02
カテゴリ:胆沢城跡
胆沢城の看板が建ちました。案内板はまだ枠だけですね。
築地の上に屋根がかけられています。
センター周囲の木々は紅葉がきれいです(^^)

町屋敷遺跡現地説明会

2017-10-29
カテゴリ:調査
 10月28日(土)、岩手県埋文で発掘調査中の町屋敷遺跡(奥州市水沢区真城)の現地説明会に参加してきました。
 ここは江戸時代、御蔵場(おくらば。年貢米を集めて検査・出荷する場所)に続く屋敷跡で、きれいに地割されているのが特徴だそうです。たくさんの柱の跡、陶磁器やすり鉢などの破片が見つかっていました。
馬屋の跡。奥の部分が踏み固められて、ちょっとくぼんでいます。
地割の溝跡
このほかにも、たくさんの陶磁器の破片がありました。
うさぎさん!水差し…?

職員研修①

2017-10-29
カテゴリ:その他
職員研修で、秋田城(秋田市)と払田柵(大仙市)に行ってきました。
どちらも遺跡復元をしているので見ごたえばっちりでした!
秋田城跡歴史資料館で見た瓦。文字が含まれたデザインがあっておもしろい。
古代の水洗トイレの模型。しゃがんでいる人が!!!!
政庁南門のそばに3期分の立体模型がありました。わかりやすいですね。
復元されていた東門。通学路になっているそうです。
復元された水洗トイレです。結構オープンな作りなんですね…。
ガイドさんの待機所です。秋麻呂くん、こんにちは。
■常設展示室観覧のご案内■
開館時間 9:00~16:30
     (最終入館16:00)
入館料 一般 200円
    小・中・高校生無料
    (団体15名以上は半額料金)
休館日 毎週火曜日・年末年始
2018年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休館日
  • 縄文アクセサリーをつくろう
  • 来て!見て!体験!まるごと冒険バスツアー
0
0
6
1
6
2