本文へ移動
センタースタッフから、事業や講座の新着情報、次回事業のご案内などをお知らせします。

特別展「文字を掘る~出土文字の集成から蘇る岩手の古代~」始まりました。

2019-11-02
カテゴリ:事業
特別展はじまりました!
当センターの秋の特別展「文字を掘る~出土文字の集成から蘇る岩手の古代~」が始まりました。
 この特別展は胆沢城跡から出土した文字資料、および県内各地の文字資料、約360点が展示されており、文字資料から見た当時の社会や集落の様相を紹介しています。胆沢城跡出土新発見資料にご注目ください。
 
一般入場500円、高校生以下の入場は無料となっております。特別展は12月15日までとなっておりますのでぜひご覧くださいませ。
特別展図録・クリアファイル販売いたしました。
 特別展に合わせて、特別展の内容をまとめた図録と、新発見資料の特別クリアファイルが販売いたしました。
 特別展の内容が分かりやすくまとめられており、文字資料が見やすい仕様となっています。お越しの際にはチェックしてみてくださいね。
 
特別展イメージ
入り口から看板が見えてきます。
部屋いっぱいに墨書資料が広がります!
調査道具も解説展示されています。

胆沢城夢あかり~秋の章

2019-10-26
カテゴリ:胆沢城跡
いい感じに暗くなってきました。
築地のライトアップに、おや…?

胆沢城夢あかり~秋の章 まもなく点灯です!

2019-10-26
カテゴリ:胆沢城跡
注目
子どもたちもご家族づれでぞくぞく集まってきています。公園ではスマホを片手にAR体験をしている姿も見られます。
 胆沢城跡歴史公園を会場に、本日4時30分より「夢あかり~秋の章」が開催されます。
 主催するのは、認定こども園日高ななつ星さんと認定こども園日高さくらの木さんです。毎年6月末の胆沢城あやめ祭りで行っている千年の夢明かりを、新しくオープンしたばかりの胆沢城跡歴史公園でも開催したいとのお申し出があって実現したものです。園の子どもたちが作ってくれた夢明かりが、秋の胆沢城公園を美しく彩ります。
 公園は5時から築地塀のライトアップも始まりますので、秋のひととき、よろしければどうぞ足をお運びください。終了は午後6時を予定しております。

第3回「鎮守府探訪講座2019」を行いました。

2019-09-09
カテゴリ:事業
 9月8日(日)、鎮守府探訪講座2019の第3回目を行いました。
 今回は、石巻専修大学人間学部非常勤講師の佐藤敏幸氏に講師としてお越しいただき、「牡鹿の柵と桃生城 -海道のエミシ支配-」というタイトルで講演いただきました。
 
 「海道」と呼ばれた陸奥国の沿岸部の地域について、現地の蝦夷と関東地方からの移民の交流に始まり、やがては三十八年戦争に至るまでの歴史を、赤井遺跡や桃生城跡の調査成果を踏まえながらお話していただきました。
 
 今回で鎮守府探訪講座2019の全3回が終了です。今回たくさんの皆様にご参加いただきました。来場いただきました皆さま、講演いただいた講師の先生方、どうもありがとうございました。
 
 9月14日(土)からは巡回展「発掘された奥州市展2019 -平泉藤原氏の母なる地胆江-」が開催されます。ぜひご覧ください。

第2回「鎮守府探訪講座2019」を行いました。

2019-08-21
カテゴリ:事業
 8月18日(日)、鎮守府探訪講座2019の第2回目を行いました。
 今回は、(公財)福島県文化振興財団遺跡調査部副部長兼調査課長の吉田 秀享氏に講師としてお越しいただき、「蝦夷の鉄生産-箱炉と竪炉ともう一つの炉-」というタイトルで講演いただきました。
 
 鉄の精製技術における用途とそれによる炉の形状の違い、出土した鉄生産の炉の話をベースに、蝦夷における鉄生産に関して見解をお聞かせいただき、受講生の皆様も熱心に聴かれていました。
 
 第3回目は9月8日(日)午後1時30分から。
石巻専修大学人間学部非常勤講師の佐藤敏幸氏にお越しいただき、「牡鹿柵と桃生城 -海道のエミシ支配-」というタイトルで講演いただきます。
 今年度最後となりますのでぜひお越しください。
■常設展示室観覧のご案内■
開館時間 9:00~16:30
     (最終入館16:00)
入館料 一般 200円
    小・中・高校生無料
    (団体15名以上は半額料金)
休館日 毎週火曜日・年末年始
2020年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休館日
  • トンボ玉をつくろう
0
3
7
4
4
4
TOPへ戻る